バラエティ

直撃!シンソウ坂上/動画/2月14日無料pandora/Dailymotion

直撃!シンソウ坂上

 

2019年2月14日21時からフジテレビ系列で『直撃!シンソウ坂上』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

直撃!シンソウ坂上 動画配信
 

いじめ…パニック障害…2度の離婚…がん発覚…三原じゅん子の壮絶半生!政治家転身の真相告白!24歳年下夫と結婚生活初公開▽平成ヒット恋愛ドラマ名場面裏側

 

直撃!シンソウ坂上/番組内容

 

参議院議員10年目を迎える三原じゅん子の政治家としての活動に独占密着。さらに彼女の結婚生活も初公開する。また、平成大ヒットドラマの“胸キュンシーン”のシンソウに迫る企画も放送する。  坂上忍のインタビューでは、物心ついた頃には頻繁に家に借金取りが来ていたという三原の家庭事情、出世作となった『3年B組金八先生』を撮影していたころに学校のクラスメートたちから受けた過酷ないじめ、10代後半でパニック障害と摂食障害を併発した衝撃の過去などが三原の口から次々に語られていく。また、プロのカーレーサーとしてデビューした意外な理由や、二度の離婚、二度の流産といった、これまで語られることのなかった三原の真相も明らかに!  坂上は、女優から政治家への転身を図った本当の理由についても直接迫る。そこには、彼女が過去に患った子宮頸(けい)ガンと闘病経験が大きく影響していた。つらい闘病生活中に、周りを見渡したら自分より大変な方がたくさんいて、苦しんでいる方々のために国は何をしているんだろうと思い、政治家を目指したという三原。しかし、女優で知名度があるからと、すんなり党から公認をもらえたわけではなかった。そこで出馬のために彼女が取った驚きの行動とは!?さらに、番組では2016年に3度目の結婚をした三原のプライベートにも密着。三原夫妻の自宅、そして秘書としても三原を支える秘書で24歳年下の夫をテレビ初公開!

 

直撃!シンソウ坂上 キャスト

 

MC
坂上忍
VTR出演
三原じゅん子、野田聖子 他

 

再放送ストーリー性

 
よくテレビで拝見しております。

子役時代は知らないのですが、再ブレイクされ毎日ほどテレビに出ておられ、よく見ています。

はっきりとした自分の意見をおっしゃって下さるので、見ていてとても気持ちがいいです。

坂上さんをテレビで見始めたくらいは潔癖症で毒舌の怖いおじさまのように見ていましたが、どんどん印象は変わり、今では大好きなタレントさんです。

子役の事務所もされていると聞き、子供さんへのしつけというか、対応というのか、以前テレビで子供のことを思うなら親はあまり手伝い過ぎてはいけない。

とおっしゃっておられ、私もそれを頭の片隅に置いて自分の子供に対応するように心がけています。

坂上さんは厳しいように見えますが、とても優しく、自分の信念をしっかりともったぶれない人なんだと感じ、素敵な方だな、と尊敬の眼差しで見ています。

可愛いわんちゃんへの愛も伝わってきます。よくテレビにも一緒に出ておられ、それはそれは可愛がっておられるので動物を愛する優しい人柄が伺えて見ていてほっこりします。

ズバズバ意見されるので怖いようでいて愛情のあふれるコメントが魅力的で子供のような面もお持ちで見ていて飽きません。

これからの活躍も楽しみにしております。

 

まとめ

 

私が感じる坂上忍さんの魅力はどんなことにでもズバリと鋭い視点から切り込むコメント力であると思います。

彼のコメントは時に率直すぎてひやひやする場面もありますが、彼の真っ直ぐな人となりを示しているように感じます。

誰もが思っていても言えないようなことや聞けないようなことを彼は自身のキャラクターを用いてズバリと言い当てたり尋ねてくれるという一面は「バイキング」や「直撃!シンソウ坂上」といったテレビ番組にぴったりな気がします。

一方で動物が大好きで多くの犬と暮らしているという一面は彼の内なる繊細さや優しさを示していると思います。

犬の多頭飼育は問題であるという人もいますが、彼の場合、ただただペットショップで選んできた高価な犬を飼育しているのではなく、捨てられていた保護犬を引取ったりと動物愛護の心を持つ一面も彼の魅力の一つであると思います。

更には彼自身で子役の育成プロダクションを立ち上げ、番組でもその指導の様子を取り上げていましたが、とても厳しくて驚きました。

しかし、彼の指導の厳しさはただ頭ごなしに子役を怒って奮い立たせているわけではなく、彼自身が幼い頃から子役として活躍してきたという経験を元に子役に必要なこと、求められることを熱心に伝えているのだと言うことが伝わってきました。

このように彼は一見、厳しい人物に見られ苦手とする人も多いかと思いますが、厳しさの裏には相手を思う優しさがあるのだということを様々な場面で感じさせられ、それが彼の一番の魅力であると思います。