コイントス法を徹底解説!

online casino tips

コイントス法とは

online casino tips

コイントス法とは、「コインの表か裏かによってベットする選択を行う」というシンプルな攻略法です。

コイントス法は、古くから争いの時の解決方法やスポーツの先攻を決める時などに使用されています。コインさえあればできるため、手軽に公平にできる点が魅力です。

コインの表と裏の出る確率は50%のため、賭け方の偏りをなくし勝ち負けのハマりを防ぐ効果があります。

コイントス法の使い方

ここでは、コイントス法の使い方について説明します。

コイントス法は、コインの表か裏かによってベットする選択を行うため、「ルーレット」の「赤・黒賭け」や「奇数・偶数賭け」などの2択のゲームでしか使用することができません。

・コイントス法の手順

①「ルーレットの赤・黒賭け」などの2択のカジノゲームを選びます。

②コインの表が「赤」、裏が「黒」といったように自分でルールを決めます。

③「赤」「黒」どちらに賭けるかをコイントスして決めます。

④コインが表が出た場合は「赤」、裏が出た場合は「黒」に賭け金をベットします。

⑤③〜④を繰り返し行います。

コイントス法を使用してカジノゲームをプレイしていくなかで、勝率が50%を下回っている場合は表裏のベット先を反対にしてみるのも一つの手段として頭に入れておきましょう。

コイントス法を使用する場合は、最初の方は少ない賭け金で進めていき、コイントスと結果を見ながら徐々に賭け金を上げていくことをおすすめします。

また、分析しやすいよう結果をメモしていくようにしましょう。

コイントス法のメリット

ここでは、コイントス法のメリットについて説明します。

・運の悪さや直感力の低さをカバーしてくれる

カジノを長くプレイしている方は経験があると思いますが、日によって運の良さや直感の良さはもの凄く差があります。

調子の良い日は、こんなに当たるかと自分でも驚くほど的中します。しかし、調子の悪い日はどんなに考慮しても当たらないです。

これは、カジノだけでなく全てのギャンブルに言えることです。

調子の悪い日で連敗続きの事態に陥ってしまった時に、コイントス法を使用することで自分の運の悪さや直感の低さをコインにカバーしてもらえます。

・考える手間が省ける

コイントス法は、コインがベットする方を決めてくれるため、プレイヤーが考える必要がありません。

そのため、どっちに賭けようかと悩む手間も省けるのです。

考えるのが面倒臭い時などに使用するといいですよ。

・自分の意思で決めるより、自然な出目を選べる

カジノをプレイする上で、自分の意思で予想する場合、自分が気付かないうちに予想がどちらかに偏ってしまいがちです。

しかし、コイントス法はコインが全てを決めてくれるため、自然な出目を選ぶことができます。

コイントス法のデメリット

ここでは、コイントス法のデメリットについて説明します。

・勝率を上げるための攻略法ではない

コイントス法は、コインの表か裏かによってベットする選択を行う手法で、運の悪い日などに使用するためのものです。

よくある勝率を上げるための必勝法や攻略法ではないことを理解しておいてください。

コイントス法は、自分の裁量で稼いでいる時は使用せず、自分の裁量ではどうしても勝てない時に使用することをおすすめします。

・カジノの予想する楽しさが無くなる

コイントス法は、コインの表か裏かでベットする方を決めるため、自分の意思は全く必要ありません。

カジノを含むギャンブルをする上で、予想をすることが一番楽しいことだと思います。

その楽しい予想の時間がコイントス法を使用した場合は、無くなるのです。

お金を稼げればそれでいいと考えている方は良いかもしれませんが、予想が楽しくてカジノをプレイしている方には不向きな攻略法と言えます。

予想が好きでプレイしている方も、どうしても調子が悪くて勝てない日などに最終手段としてコイントス法を頭に入れておくといいですよ。

まとめ

online casino tips

今回は、コイントス法の使い方とメリット・デメリットを解説してきました。

コイントス法は、「コインの表か裏かによってベットする選択を行う」攻略法で、「ルーレットの赤・黒賭け」などの2択のカジノゲームでのみ使用することができます。

自分の意思ではなく、コインが全てを決めてくれるため、気分を変えたい時や連敗続きの時などに上手く使用することがポイントです。

コイントス法は、勝率を上げるための攻略法ではないため、運の悪い日などに使用するものと理解しておくことが大切です。

この機会に是非、オンラインカジノ「ラッキーニッキー」でコイントス法を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *